歯科インプラント治療トップ > インプラント治療とは? > 差し歯・ブリッジ・入れ歯との違い

差し歯・ブリッジ・入れ歯との違い

●差し歯

<方法>
自分の歯根部分が残っている場合に、歯根内部の処置をして、歯根の上に金属などの土台をセメントでつけて人工の歯をかぶせる方法です。
土台と上の歯が一体になってる場合を特に『差し歯』と呼ぶ場合もあります。
配列の悪い歯を根元だけ残して抜いてしまい、そこに人口の歯を差しこんで歯列を直す方法です。

<メリット>
自分の歯根を使うことができる。

<デメリット>
歯根部分が残っていることが条件となり、差し歯で対応できる場合は限られています。
歯茎が黒ずむ場合があります。
手入れが必要です。

<費用>
保険と自費では使われている素材が違います。
保険の差し歯は素材にプラスチックが使われているので、使っている間に変色して摩れてきてしまいます。
自費の差し歯はセラミックを使用しているので、変色はしませんが、費用がかかります。

●ブリッジ

<方法>
健康な歯を支柱にして歯のない部分に橋(ブリッジ)をかけて固定します。
部分入れ歯に比べれば安定していて咬む力も回復します。
しかし健康な歯を削る必要があります。

<メリット>
固定式であるため装着していても違和感がそれほどありません。
人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と程近い、審美的な修復が可能です。

<デメリット>
ブリッジを支え固定するために、両隣の歯を削る必要があります。
支えになる歯には大きな力がかかり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合があります。
ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいと言われています。
空気がもれて発音が困難になることがあります。

<費用>
保険適用材料を使用する場合はその保険点数内となります。
使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。


●入れ歯

<方法>
クラスブと呼ばれるバネで支えたり、金具を健康な歯に引っ掛けて固定します。
取り外しができて手入れが簡単です。
ブリッジのように歯を削る必要はないものの、構造的にはずれやすく違和感もあります。
咬む力もブリッジに比べだいぶ弱くなります。

<メリット>
ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
ブリッジのように健全な歯を削らずに補えます。(削る替わりにバネで固定する場合もあります。)

<デメリット>
バネによる隣の歯への負担が大きい。
噛む力が健康な状態に比べて30〜40%くらいになります。
取り外して手入れをする必要があります。
すぐにガタつきやすい。
口の中に違和感を感じやすい。
食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。

<費用>
保険適用材料を使用する場合はその保険点数内です。
使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright © 2006 歯科インプラント治療. All rights reserved