歯科インプラント治療トップ > インプラント治療体験談 > 事故で前歯を折り、インプラント治療を!(30代・女性)

事故で前歯を折り、インプラント治療を!(30代・女性)

事故で前歯が折れてしまったものの、目立つ部分なので入れ歯にはしたくない!!

だけどその場しのぎの治療でやってきたら、咬み合わせが狂ってしまい、
(歯が原因なのか)原因不明の偏頭痛にも悩まされていました。


診察してもらうと、咬み合わせはめちゃくちゃ、虫歯もたくさん、適切な治療が行われておらずかえって悪化させている状態とのこと。
そのまま放っておくといずれ全身に不快な症状が現れると言われ、偏頭痛のことを話してみたところ、「おそらく歯が原因でしょう」とのお返事…。

今までの治療費のこと、治療にかかった時間のこと、全身にまで及ぶ歯の病気の恐ろしさ…
このままごまかし続けても何の解決にもならないと、根本的な治療に挑戦しようと決意しました。

入れ歯は絶対に嫌!!
(なんだか気持ちまで老けてしまいそうな気がして。
まだ「入れ歯」なんて年でもないのに、取り外したり、洗浄したりすることを思うと気が滅入ってしまいました。
毎日使う歯、友人と食事するとき、外食するとき、なにか不具合があったらどうしたらいいのだろうと嫌なことばかりが思い浮かんでしまいました。)
差し歯は根元が悪くなってしまっている状態、ブリッジは周囲の歯が丈夫であることが必要なのに虫歯だらけ…。
費用のことで少し悩みましたが、このままだらだらと治療費をかけることを思えば一緒だ!と勇気を出してインプラントにしてみようかな、と思いました。

医師に意見を求めると、
・頭痛という症状も出てきているのできちんとした咬み合わせを求めた治療が必要であること、
・虫歯が多く、何本か抜糸しなければならない歯があること
などを指摘され、インプラント治療にかけてみる価値はあるという判断をいただきました。


実際の治療は悪くなりすぎた歯を抜き、歯槽膿漏の処置を徹底的にすることから始まりました。
ひとまずきれいな仮歯にし、抜糸部分が治癒してきたらインプラントの手術をして、
骨と結合するまでの時間で咬み合わせや顎の関節を調整してもらいました。

それから最終的なセラミックの歯に置き換え、さらにかみ合わせを何度か調整して終了しました。

ここまで5〜6ヶ月かかりましたが、いつも仮歯が入った状態で帰してくれたので、
外見はほとんどわからない状態で治療できたのでとても助かりました。


術後3年が経ちますが、いままでに何の問題も発生していません。
定期的に検診も受けているので安心しています。
歯がぼろぼろだったため見た目、虫歯・歯槽膿漏で口臭などがずっと気になって暮らしていましたが、
今は自信を持って笑うことができますし、きちんと物が咬めます。頭痛もなくなりました。
たかが歯の1本、と思っていると、その1本でこんなにも毎日の生活に影響があるのかと驚きますよ。
歯に悩む人には、まず医師に「インプラント治療をしたらどうなるでしょうか?」のひとことを聞いてもらいたいと思います。
相談した者勝ちですよ!

スポンサードリンク


Copyright © 2006 歯科インプラント治療. All rights reserved