歯科インプラント治療トップ > インプラント治療体験談 > 差し歯がグラグラしていて抜け落ちそうだ!!(60代・男性)

差し歯がグラグラしていて抜け落ちそうだ!!(60代・男性)

抜け落ちそうなだけでなく差し歯の根元の色も変わっている状態で、慌てて歯医者に駆け込みました。

自分でも「こりゃかなり悪そうだな」と覚悟はしていましたが、
診察の結果、歯槽膿漏で助けようのない状態だということでした。

「根っこがだめになっている差し歯は、抜歯してインプラントにしますか?」と医師から提案され、
インプラント+周囲の歯は神経の処置、歯槽膿漏の治療を徹底して残す、
という治療法を最終的に選択しました。

治療を開始して差し歯をはずしてみて、驚きました。
歯根は完全な虫歯、歯肉も炎症がひどく、まさに「腐っている」状態。
これではかなり口臭などもあったのではないかとショックでした。
当然のことですが、歯茎ってつながっていますよね?
そのまま周囲にまで腐敗が及んで自分の歯はすべてグラグラしていって抜けてしまうのでは…と、当たり前の「歯茎はひとつ」という事実が恐ろしくなりました。

約3ヶ月経ってインプラント治療が最終段階を迎えたころには、インプラントによって周囲の歯にかかる負担も減り、全体の歯がしっかりしてきたことを実感しました。

差し歯の時は物を咬むのが怖くて、食べ物を細かくしてから口に入れたりしていましたが、インプラントにしてからはどんな物も噛み切ることができます。
歯の根元が黒く、歯肉との境目が紫色に見えていた見た目も、すっきりキレイになり大満足です。
笑う時にも口元が気になってしまい手で隠す方に意識が集中していたのが、思い切り笑えるようになり、以前よりも明るく振舞えるようになった気がします。

スポンサードリンク

Copyright © 2006 歯科インプラント治療. All rights reserved